アフィリエイト広告の種類と戦略について

サイトマップ



アフィリエイト > アフィリエイト広告 >アフィリエイト広告の種類

アフィリエイト広告の種類

アフィリエイト広告を何に載せる? ・PCサイト
・ブログ
・メール、メールマガジン
・携帯サイト
PCサイト、ブログ、メール・メールマガジン、携帯サイトのうち、どれが稼げるか? 大事なのはテーマ選びなので一概には言えません。ただし、現在急成長している市場は携帯サイトです。
PCサイトの特徴 PCサイト市場が最も安定して稼げると思います。ただし、HTML、スタイルシートを勉強しないといけない+どの分野にも、すでに強豪サイトが存在している、という問題があります。
ブログの特徴 最も簡単に始められるアフィリエイト方法です。しかも、FC2ブログのように無料でアフィリエイトOKなブログサービスもあります。
ただし、カスタマイズにこだわると作業が難しくなりますので、最初のうちは配布されているテンプレートを利用しましょう。
メール、メルマガの特徴 一昔前は、メールマガジンのアフィリエイトで、とても稼げたようですが、現在は下火です。この原因は、SPAMメールの横行によるメルマガへの不信感とブログの登場です。もし暇があるならメルマガに挑戦しても良いでしょうが、とりあえず管理人としてはブログをオススメします。
携帯サイトの特徴 複雑なデザインのPCサイトを作るより、携帯サイトのほうが簡単です。しかも、携帯の市場は大きくなっています。今なら挑戦する価値は十分あるでしょう。まずは基本的なタグを使って携帯サイトを作る練習をしてみましょう。

どうなったらアフィリエイト収入が発生する?という分類

どうなったらアフィリエイト収入が発生する? ・広告がクリックされたとき
・商品が購入されたとき
・サービスに申し込みがあったとき
・広告クリック+商品購入(サービス申し込み)
・ブログを投稿したとき
・一定期間、広告を貼る契約をしたとき(月極めタイプ)
オススメの広告タイプ クリック広告は是非とも貼ったほうが良いです。とくにGoogleAdsense(グーグルアドセンス)は利用しましょう。
個別商品、サービスの選び方 ASP(アフィリエイトサービスプロバイダ)に申し込むと広告検索ができますので、あなたのサイトテーマに合うキーワードを入力し検索しましょう。また、複数のASPに登録すると、マージンの高い広告がみつかりますので、ASPを横断して検索することも大事です。詳しくは、ASP登録のページをご覧ください。

アフィリエイトの広告形態による分類

アフィリエイトの広告形態の違い ・バナー広告
・テキスト広告
・メール広告
・動画広告
どの広告を選べば良いのか? 広告の選び方としては、デザインセンスの良いバナー広告とテキスト広告を利用しましょう。また、動画広告は訪問者の時間を拘束するので、それほど流行らないだろうと管理人は考えていますが、良かったらテストしてみてくださいね。私も利用したら報告したいと思います。なお、広告の貼り方についてはアフィリエイト広告の配置のページをご覧ください。

広告の管理方法による分類

広告の管理方法からの違い ・手動管理広告(個別商品広告など)
・自動管理広告(コンテンツマッチ広告)
手動管理広告とは 手動管理広告とは、広告を具体的に指定してホームページに貼る広告です。
自動管理広告とは 自動管理広告とは、各Webページ内容にあう広告を自動的に表示する広告です。私たちアフィリエイターは、具体的な広告の指定はできません。ちなみに、GoogleAdsense(グーグルアドセンス)が有名です。
どのように利用すれば良いか? 自動管理広告は、特別な事情がない限り、メンテナンスが不要ですので、全ページに利用すると良いと思います。これに対し、個別のサービス、商品を指定する手動管理広告はメンテナンスが必要となります。闇雲に貼るのではなく、商品比較ページなど特別なページに利用するのが良いと思います。なお、ネットショップタイプのアフィリエイトサイトの場合、広告管理が大変ですがリンク切れを放置しないように注意しましょう。
Google
WWW を検索 affiliate-for-beginner.com を検索