アフィリエイト広告の反応率について

サイトマップ



アフィリエイト > アフィリエイト広告 >アフィリエイト広告の反応率

アフィリエイト広告の反応率

アフィリエイト広告の反応率は平均的には1パーセント程度です。つまり、100人いたら1人がクリックしてくれる、という計算になります。

どうです?あなたの予想よりもクリック率が低いんじゃありませんか?

しかし!これで驚いてはいけません。訪問者がクリックしてくれても、商品の購入など成約型広告の場合には、訪問者のさらなる行動が必要となります。

クリック→商品購入の割合

特定の広告に興味を持った人が商品を購入する割合ですが、これも数パーセントだと言われています。つまり、100人いたら0〜3人程度でしょう。

ここで問題です!成約型広告から収入が発生するためには、いったい何人の訪問者が必要でしょうか?

ヒントは「そもそもアフィリエイト広告をクリックしてくれる人は1パーセントである」ということ「さらに、アフィリエイト広告をクリックしてくれた人でさえ、購入率は数パーセントしかいない」ということです。

恐らく、多くの人は「アフィリエイトなんかやりたくない!」と思う数字が弾き出されるはずです。

それでもアフィリエイトで稼げるのは、なぜ?

以上のように、アフィリエイト広告のクリック率・成約率は非常に厳しいものがあります。が、それでもなお!1サイトで数万円も稼ぐ人がいるわけです。

そのアフィリエイト方法とは、訪問者の目に留まる広告(キャッチコピー・バナーなど)を、訪問者が望むように提供し、訪問者が望む物を紹介すれば良いんです。これらの条件を満たすだけで、あなたはアフィリエイトで稼ぐことができます。

アフィリエイトで稼ぐサイトは広告の反応率・成約率が段違いに良い

上記、アフィリエイト広告の反応率は1パーセント程度だとお話しました。しかし、人によっては6パーセントのクリック率を出している場合もあります。また、これに対し、0.1パーセントほどの場合もあります。

また、ブログにはRSSという機能があり、これを利用した広告があります。反応率は7パーセントだとか。しかし、これにも振り回されないでください。良い媒体を作成・運営し、訪問者が望む広告を提供すれば、それだけで反応率は向上します。

以前、メルマガは反応率が良い、と紹介されていました。数年前の話です。しかし、今はがた落ちです。RSS広告は新しい物に興味を持ったユーザーの反応だといえるでしょう。長期的に使えるアフィリエイト・ノウハウとは、とても言えません。

このサイトでは長期的に使えるアフィリエイト広告のテクニックをご紹介したいと思います。ネットは進化しても、人の心理がガラッと変わることはありませんので。

Google
WWW を検索 affiliate-for-beginner.com を検索