アフィリエイトの現状から、これからのアフィリエイトを考える

サイトマップ



アフィリエイトの現状

アフィリエイトで稼ぐためには、アフィリエイトの現状を知っておく必要があります。ライバルサイトは、どれくらいアフィリエイトで稼いでいるのか?これからアフィリエイトに挑戦しても勝算はあるのか?など、ある程度、押さえておきましょう。

「敵を知り己を知れば百戦危うからず」という孫子の言葉にあるように、あなたが始めようとしている分野を理解するのは大切なことです。とくに、インターネットの世界では「ネタにしようとしているカテゴリーは、飽和しているか?まだパイの取り分はあるのか?」という視点が大切です。

アフィリエイトの認知度 64%の人が知っている

アフィリエイトの認知度は非常に高まっているようです。が、このアフィリエイトに関するアンケートはマイポイントというインターネット上のサービス利用者を対象としており、世の中一般の人を対象としたら、アフィリエイトの認知度は下がると思われます。

アフィリエイトは2000年ごろから日本でも普及が見られ、インターネットユーザーとくにパソコンの利用者はアフィリエイトに対する認知度は上向きだということです。

なお、実際にアフィリエイトをやっている人は、10825人中929人で、全体の8.6%です。

※これらのデータはNPO法人アフィリエイトマーケティング協会の発表を元に解説しています。(参考)「アフィリエイト・プログラムに関する意識調査 2005年」

アフィリエイト1年未満の初心者 70%

2002年ころからブログサイトが現れ始め、2004年ころからブログサービスが一般ユーザーに認知されました。その結果、HTMLの知識なく手軽にサイト運営できるようになり、急激にアフィリエイトで稼ごうとする人が増えたものと思われます。

アフィリエイトで副収入を得ている者として、これからブログアフィリエイターが活躍し、巻き返されるのか?と考えると恐ろしくなります。勘の鋭い人、継続して努力できる人であれば、間違いなく既存のアフィリエイターを抜いていくケースもあるでしょう。

インターネットの世界は、どんどん様変わりしていく一方、基本となるベースは構築されています。それらを押さえれば、アフィリエイト開始から1年未満の人でも、どんどんアフィリエイトで稼ぐようになると思います。

ブログでアフィリエイト 57%

近年、ブログでアフィリエイトを始める人が多いようです。ブログは一般のHTMLサイトよりアクセス数を得やすい仕組みになっているので、「HTMLの知識がないから、とりあえずブログで!」という場合でも結果的に良い選択だったと思います。とくにブログに備わっているトラックバック機能はバックリンクを増やす意味で効果的といえるでしょう。

アフィリエイト月収 1,000円未満 70%

最初は誰でもそんな物です。それがいつしか、1万円を越え、3万円を越え、5万円を越えていくようになります。ここで壁を破れるのか否かによって、今後のアフィリエイトで稼ぐ金額に差が出ますので気長に頑張りましょう!

なお、月収1万円以上アフィリエイトで稼いでいる人は全体の5.9%です。非常に厳しい数字ですが、アフィリエイトのテクニックを理解すれば、十分に追いつける状況だと思います。

Google
WWW を検索 affiliate-for-beginner.com を検索