サイトテーマの大小による戦略の違いについて

サイトマップ



アフィリエイト > アフィリエイトで稼ぐ方法 >アフィリエイト戦略 サイトテーマの大小

アフィリエイト戦略 サイトテーマの大小

サイトテーマには大きさがあります。たとえば「ダイエット」というカテゴリーにおいて、サイトテーマを「ダイエット方法(大きいテーマ)」か、「マクロビオテック・ダイエット(小さいテーマ)」かにより、サイト規模、運営スタイルが大きく変わってきます。

大きいサイトテーマ 例(ダイエット)

大きいサイトテーマを採用するとページ数を増やすことになります。たとえば「ダイエット」には「マクロビオテック・ダイエット」もあれば「ヨガ・ダイエット」「ピラティス・ダイエット」もあります。

ちょっと前までは岩盤浴ダイエットが話題でしたね。

世の中で注目されるダイエット法は1つではありません。メディアの影響によって、ダイエット法も変化していきます。その都度、極力先取りし、ダイエット法を浅く広く紹介していくサイト運営スタイルが「大きいテーマ」を扱うサイトと言えます。

大きいサイトテーマは更新と流行を押さえる

大きいサイトテーマを扱う場合、ページ数を増やす必要があります。たとえば、「ダイエット方法」を紹介するサイトにおいて、ダイエット方法の量が少なければ、訪問者のニーズに応えることはできません。テレビ・雑誌をチェックして、話題になりそうなネタを使い、どんどんページを作っていきましょう。

大きいサイトテーマはネタに困らないのが魅力ですが、継続できない人には不向きだと言えます。

小さいサイトテーマ

小さいサイトテーマを採用すると濃い情報を深く・正確に紹介する必要があります。たとえば「マクロビオテック・ダイエット」というダイエット法をテーマに選んだ場合、マクロビオテックに特化したサイトコンテンツを作成します。

当然、マクロビオテック以外のダイエット方法は不掲載です。もし、ヨガ・ダイエットを扱いたい場合、別サイトで作成しなければいけません。(というか、むしろ作ります)

小さいサイトテーマは情報の濃さ、切り口の斬新さ。複数媒体の運営。

小さいサイトテーマは、ニッチなカテゴリーを扱うため、情報の濃さや斬新さが大切になります。つまり、「大きいサイトテーマ」より「専門的な視点」が必要だということです。他のサイトと差別化するためにも、徹底的にリサーチしましょう。

また、小さいサイトテーマは大きいサイトテーマよりもページ数や更新頻度は重要ではありません。小さいサイトテーマで稼ぐためには、どんどん複数のサイトを作成し、それぞれに訪問者を集めることです。

Google
WWW を検索 affiliate-for-beginner.com を検索